×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

国立豊橋技術科学大学 自然部

自然部について

自然部とは!?

バッタ

登山、ワンダーフォーゲル、探検、ウミガメ、生態系保護、清掃ボランティア、自然観察…

そんな自然に関するアウトドアなことがちょっとずつ出来ちゃうサークル、それが自然部です!

自然が好きなヤツ、生きものが好きなヤツ、滝が好きなヤツ、山が好きなヤツ等々が集まって、いろいろやっちゃってます!

活動内容

夕日の表浜

自然部では、次の活動を行っています。

山の活動……毎月第1土曜日に、豊橋市・新城市を中心に愛知・静岡・岐阜などの山へ行き、ゴミひろいをしながら山歩きや滝めぐり、自然観察などをしています。
また、夏には富士山でゴミひろい登山合宿も行います!



海の活動……毎月第3日曜日に、大学から車で15分の表浜海岸で砂浜清掃を行っています。
また、「NPO法人 表浜ネットワーク」の方々の活動にも参加させていただいています。
夏にはウミガメの調査活動、冬には養浜(砂浜を育てる)活動などのお手伝いをしています。

大学内の活動……豊橋技術科学大学の学内は、意外に自然があります。
現在、学内の自然観察を予定しています。

他サークルとの連携……浜辺のゴミ拾いなど多くの人手が必要な活動は、豊橋技科大ボランティアクラブさんや波のり部さんと協力して活動しています。

情報の発信……このWebサイトや「しぜんぶろぐ」を活用して、自然部の活動はもちろん、大学や豊橋市近辺の身近な自然をネットに発信していきます!
大学の内外、愛知県の内外を問わず、より多くの人に自然に興味をもってもらうきっかけ作りをしていきます。

他大学・学外団体との交流……近いうちに、他大学のサークルの方とも一緒に活動をしたいと考えています。
学外団体の方でも、もし私たち自然部に興味を持っていただけた方がいらっしゃったら、ぜひご連絡を頂きたいです!

各種イベント……新入生歓迎コンパ、卒業生追い出しコンパはもちろん、夏合宿や浜辺でのやきいも大会(もちろんゴミは残しません!)も行います!
山に行った帰りに温泉でひと休み、なんてこともあるかも!?

自然部のこれまで

風景

 自然部の前身である旧「自然観察愛好会」は、平成18年(2006年)に国立豊橋技術科学大学のサークルとして創部されました。
 
 また、この自然観察愛好会は、
・植物、野鳥、昆虫などの観察を通して、身近な自然や生き物に親しむ
・身近な自然や生き物について知ることを楽しむ
・活動をきっかけにして、「自然と共生している」という意識を持つ
の3つを目的として活動してきました。

 主な活動は、大学内の野鳥や植物の観察、豊橋市内にある葦毛湿原や大学近くの天伯湿原(天伯山神社)の自然観察、緑化活動として大学学園祭での花壇造りなどを行ってきました。

 そして平成19年(2007年)の12月からサークル名を改めて、「自然部」として活動していくことになりました。

活動目的

バッタ

 わたしたち自然部は、旧自然観察愛好会の3つの活動目的に加えて、

「自然に親しみ楽しむだけではなく、これからの未来においても自然と共生していくために、自分たちにできることから行動しよう!」

という目的意識のもとに活動しています!

 また、「自然をたのしむ!つたえる!まもる!」を活動のモットーにしています。

Copyright (C) 2007-2008 TUT nature club , All rights reserved.